鼓室(鼓膜の奥の小さな部屋、通常は空気が1気圧(大気圧)で入っている。)に水が貯まる中耳炎です。耳管(鼻の奥と鼓室を繋いでいる管)の機能が悪くなったときに発症します。鼓室の空気が不足して鼓室内圧が陰圧になった分、鼓室壁から水がしみ出て貯まってしまうのです。また、急性中耳炎に続発することもあります。小学生低学年以下の小児に多い中耳炎ですが、高齢者にも少なくありません。

通常痛みはありませんが、貯留している水が多くなると難聴を伴うようになります。小児期に鼓室内の空気が不足している状態が続くと、鼓室から続いている乳突蜂巣の発育が悪くなり、耳の周りの骨が硬い骨になってしまいます。また、鼓室が陰圧になると、鼓膜の弛緩部が鼓室側に凹んでしまいます。この状態が長く続くと、凹みが元に戻らなくなってしまいます。また、凹みが大きくなると、真珠腫性中耳炎に移行していくことがあります。

治療法には、内服、通気療法、鼓膜切開術、鼓室チューブ留置術などがあります。